テコンドー発展の歩み

テコンドーの成立

跆拳道とは

創始者である崔 泓熙(チェ・ホンヒ)氏が、朝鮮半島の古武術(テッキョンやスバック)や中国武術、そして崔氏が日本留学中に学んだ松涛館空手を基礎とし研究を重ね、独自の技術体系を確立。1955年にテコンドーと命名しました。

漢字では跆拳道と表記し、「」は“踏む・蹴る・跳ぶ”を意味し、「」は“拳(こぶし)で突く”こと、「」は“正しき道を歩む精神”を意味します。

テコンドーの原形は、古くは高句麗時代の遺跡にある壁画に、その姿を見ることができます。

ワールドテコンドーの設立と世界への普及

 

1962年に大韓テコンドー協会が設立され、韓国は60年代積極的に海外へコーチを派遣して世界各国に普及させました。

1973年には世界テコンドー連盟 (WTF) がソウルに設立されました。1980年代の世界大会では各国代表コーチ、選手がすべて韓国人という状況もありましたが、約30年の歳月を経てオリンピック正式種目となり、現在では200ヶ国以上が加盟する世界中で愛されるスポーツに発展しました。

1978年9月には、アジア地域のテコンドーを統括するアジアテコンドー連盟 (ATU) が結成され、日本は理事国とし参加しています。アジア選手権の開催など、本場の韓国を含むハイレベルなアジア地域での国際大会を通して、日本選手の強化に大きくつながっています(2017年、世界テコンドー連盟はワールドテコンドー (WT) へと改称しました)。

オリンピックは2000年・パラリンピックは2020年から

mig

近代スポーツとしてのテコンドーは、WTF が創設された 1973年に始まります。テコンドー競技を総括する韓国・国技院 キム・ウンヨン 総裁 (当時) が IOC 副委員長となり、1988年ソウル・オリンピック誘致に大きく貢献し、テコンドーは同オリンピックで初めて公開競技として実施されました。当初は他の競技からの転向組も多く、現在のような体系的な指導方法や指導者などの体制が整っていませんでした。

1992年バルセロナ・オリンピックの公開競技を経て、2000年シドニー・オリンピックで正式競技と認定されました。その後アテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロ、2020年東京オリンピックでも継続して正式競技として認定されています。また、2020年東京パラリンピックではパラテコンドー競技が初採用されることになりました。

日本人初の五輪メダリスト誕生

7-32000年のシドニーオリンピック・女子 -67 kg 級で岡本依子選手が、日本人初の銅メダルを獲得しました。これにより、多くの日本人がテコンドーを知る契機となりました。その後、アテネ・北京へも代表選手を送り込み、2012年ロンドン大会では女子 -57 kg で濱田真由選手が5位、女子 -49 kg でも笠原江梨香選手が7位入賞を果たしました。

メディア情報

公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公益財団法人 日本オリンピック委員会日本パラリンピック委員会日本スポーツ振興センターWTF 世界テコンドー連盟
ATU アジアテコンドー連盟
コンプライアンス相談窓口

リンク

日本財団 パラリンピックサポートセンター千葉県公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構私たちは toto 助成を受けています。JOC オリンピック選手強化寄付プログラム毎日アスリート・パートナーズ
PAGE TOP