WT とオリンピックの歴史

WT ワールドテコンドーとオリンピック・パラリンピックの歴史

2020年 第32回 オリンピック競技大会 (2020/東京)正式種目
東京2020パラリンピック競技大会 初の正式種目として採用される
2017年 世界テコンドー連盟 (WTF) から ワールドテコンドー (WT) に改称
2016年 第31回 オリンピック競技大会 (2016/リオデジャネイロ) 正式種目
2012年 第30回 オリンピック競技大会 (2012/ロンドン) 正式種目
2008年 第29回 オリンピック競技大会 (2008/北京) 正式種目
2004年 第28回 オリンピック競技大会 (2004/アテネ) 正式種目
2000年 第27回 オリンピック競技大会 (2000/シドニー) 正式種目
1992年 第25回 オリンピック競技大会 (1992/バルセロナ) デモンストレーション種目・参加
1989年 第25回 オリンピック競技大会 (1992/バルセロナ) デモストレーション種目決定
※ 加盟国121ヵ国競技人口3,000万名 (1990年現在)
1988年 第24回 オリンピック競技大会 (1988/ソウル)・デモストレーション種目・参加
[男子35ヵ国・女子25ヵ国、選抜参加]
1987年 第10回 パンナムゲームに正式種目として参加 (米国・インディアナポリス)
1987年 第2回 ワールドカップテコンドー選手権大会開催 (フィンランド・ヘルシンキ)
1987年 第8回 世界テコンドー選手権大会開催 (スペイン・バルセロナ)
1987年 第1回 女子世界テコンドー選手権大会開催 (スペイン・バルセロナ)
1986年 第1回 ワールドカップテコンドー選手権大会開催 (米国・コロラドスプリングス)
1986年 第10回 アジアゲームに正式種目として参加 (韓国・ソウル)
1986年 第1回 世界大学テコンドー選手権大会 (FISU) 開催 (米国・インディアナポリス)
1985年 第90次・IOC 総会において88年ソウルオリンピックのデモストレーション種目承認
1985年 第7回 世界テコンドー選手権大会開催 (韓国・ソウル)
1985年 第2回 ワールドゲーム (GAISF) 参加 (英国・ロンドン)
1984年 第10回 アジア競技大会 (アジアゲーム) の正種目に決定
1983年 第6回 世界テコンドー選手権大会開催 (デンマーク・コペンハーゲン)
1982年 IOC 執行委員会で、88年ソウルオリンピックのデモストレ-ション競技 (公開競技)に採択
1982年 第5回 世界テコンドー選手権大会開催 (エクアドル・グアヤキル)
1981年 第1回 ワールドゲーム (GAISF) 参加 (米国・サンタクララ)
1980年 第83次・IOC 総会において WTF および競技種目の公認を受ける
※ 日本 1981年仮加盟・ワールドゲームに日本役員初参加) 1982年正式加盟
1979年 第4回 世界テコンドー選手権大会開催 (西ドイツ・シュチカルト)
1977年 第3回 世界テコンドー選手権大会開催 (米国・シカゴ)
1976年 国際軍人スポーツ協議会 (CISM) から23番目の種目として公認される
1975年 国際競技連盟総連合会 (GAISF) 加盟 (本部・モンテカルロ)
1975年 第2回 世界テコンドー選手権大会開催 (韓国・ソウル)
1973年 第1回 世界テコンドー選手権大会開催 (韓国・ソウル)
1973年 世界テコンドー連盟 (WTF) 韓国・ソウルにおいて創設

メディア情報

公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公益財団法人 日本オリンピック委員会日本パラリンピック委員会日本スポーツ振興センターWTF 世界テコンドー連盟
ATU アジアテコンドー連盟
コンプライアンス相談窓口

リンク

日本財団 パラリンピックサポートセンター千葉県公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構私たちは toto 助成を受けています。JOC オリンピック選手強化寄付プログラム毎日アスリート・パートナーズ
PAGE TOP