第1回大会 (2007年度/東京)

第1回 全日本テコンドー選手権大会

全日本選手権は、男子8階級・女子8階級の計16階級において競技(キョルギ)日本一を争う、テコンドーシーズン最後を飾る大会です。アジア競技大会、ATU アジア選手権大会、WTF 世界大学選手権大会の予選も兼ねています。

大会名 第1回 全日本テコンドー選手権大会
主催 社団法人 全日本テコンドー協会
主管 東京都テコンドー協会
期間 2007年12月8日
会場 駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館
東京都世田谷区駒沢公園1-1
競技方法 WTF ルールに基づく単一トーナメント方式
試合方法 1分30秒 ×3R (インターバル 40 秒)
大会結果 【 男子 】
フィン級
1位 内村 剣悟(強化・福岡)
2位 姜 東澈(大阪)
3位 安部 慎一(東京)、三橋 洸介(神奈川)

フライ級
1位 李 ミンホ(大阪)
2位 三橋 佑樹(神奈川)
3位 田中 淳也(東京)、橋本 英夫(大阪)

バンタム級
1位 丁 保升(大阪)
2位 芝田 健太(大阪)
3位 網野 瑛祐(神奈川)、重沢 学(神奈川)

フェザー級
1位 木山 耕治(神奈川)
2位 藤田 大己(大阪)
3位 金 駿秀(東京)、真武 諭(福岡)

ライト級
1位 姜 仁喆(大阪)
2位 西岡 直毅(大阪)
3位 土屋 孝博(東京)、森田 諭(京都)

ウェルター級
1位 李 裕鎮(京都)
2位 宝城 泰成(大阪)
3位 石倉 誉己(京都)、堀尾 聡志(神奈川)

ミドル級
1位 宮川 健太(東京)
2位 有田 光臣(大阪)
3位 佐藤 洋輔(東京)、美馬 健(大阪)

ヘビー級
1位 伊庭 和宏(東京)
2位 ナガシマ・ギリエルメ・マチアス(大阪)
3位 榎戸 大祐(京都)、大上 忠伸(岐阜)

【 女子 】
フィン級
1位 津田 ひかる(熊本)
2位 冨安 美絵子(東京)
3位 上野 知果(愛媛)、間瀬 友梨佳(愛知)

フライ級
1位 秋 真娥(東京)
2位 小林 穂奈美(福岡)
3位 畠中 恵美(東京)、高木 幸子(神奈川)

バンタム級
1位 笠原 江梨香(東京)
2位 小寺 昭子(京都)
3位 黒江 瞳(福岡)、伊津野 恵(大阪)

フェザー級
1位 山﨑 愛実(兵庫)
2位 服部 麻世(強化・京都)
3位 吉田 善子(東京)、白川 明代(大阪)

ライト級
1位 川嶋 真依(埼玉)
2位 車谷 雅美(大阪)
3位 澁谷 江里奈(大阪)、藤川 みゆき(神奈川)

ウェルター級
1位 厳 ソラ(東京)
2位 黒川 嘉美(東京)
3位 秋山 沙織(愛媛)

メディア情報

公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公益財団法人 日本オリンピック委員会日本パラリンピック委員会日本スポーツ振興センターWTF 世界テコンドー連盟
ATU アジアテコンドー連盟
コンプライアンス相談窓口

リンク

日本財団 パラリンピックサポートセンター千葉県公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構私たちは toto 助成を受けています。JOC オリンピック選手強化寄付プログラム毎日アスリート・パートナーズ
PAGE TOP