2005 スペインマドリッド世界大会 日本代表選手選考競技大会

2005 スペインマドリッド世界大会 日本代表選手選考競技大会

大会名 2005 スペインマドリッド世界大会
日本代表選手選考競技大会
主催 社団法人 全日本テコンドー協会
主管 大分県テコンドー協会
期間 2005年2月12日
会場 大分県立総合体育館
大分県青葉町大洲運動公園内
競技方法 WTF ルールに基づく単一トーナメント方式
試合方法 1分30秒 ×3R (インターバル 40 秒)
競技結果 日本代表派遣選手からの1言メッセージです。

●男子フィン級 内山剣悟(福岡)
「今年の目標は世界で一番綺麗なメダルを確保して岡本依子選手の後に続くように頑張ります!」
———
●男子フライ級 相原儀雅選手(宮城)

今年1年休みのため内容は良くなかったが、これからは調整して頑張ります。
「若手で強い選手が増えたけど、まだまだ自分たちが引っ張って行きたいです。」 ———
●男子バンタム級 古賀 剛 選手(東京)※日本連合
「今回 の予選の仕上がりは今ひとつだったため、本選に向けてしっかり調整し、必ずメダルを取ります!」 ———
●男子フェザー級 木山耕治選手(神奈川)
「自分のスタイルを貫きます!」 ———
●男子ライト級 新見能弘選手(東京)※日本連合
「今回 はあくまで予選なので、本選に向けてもう一度調整をやり直して頑張ります。」 ———

●男子ウェルター級 李 裕鐘選手(京都)
「世界選手権のために今まで努力をしてきたので、世界選手権で絶対勝ちたい!」 ———

●女子フィン級 畠中恵美選手(大阪)
「本選までには別人になっていますので見ていて下さい!」 ———

●女子フライ級 小寺昭子選手(大阪)
「金メダル目指して頑張ります!」 ———

●女子バンタム級 服部麻世選手(京都)
「こういう大会は初めてですけど頑張ります!」
大会パンフレットより

メディア情報

公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公益財団法人 日本オリンピック委員会日本パラリンピック委員会日本スポーツ振興センターWTF 世界テコンドー連盟
ATU アジアテコンドー連盟
コンプライアンス相談窓口

リンク

日本財団 パラリンピックサポートセンター千葉県公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構私たちは toto 助成を受けています。JOC オリンピック選手強化寄付プログラム毎日アスリート・パートナーズ
PAGE TOP