2005年度大会 (大阪)

2006 全日本学生テコンドー選手権大会
(兼 第9回 世界学生テコンドー選手権選考会)

大会名 2006 全日本学生テコンドー選手権大会
(兼 第9回 世界学生テコンドー選手権選考会)
主催 社団法人 全日本テコンドー協会
主管 大阪府テコンドー協会
期間 2006年2月19日
会場 大阪市中央体育館 サブアリーナ
大阪府大阪市港区田中3-1-40
競技方法 WTF ルールに基づく単一トーナメント方式
試合方法 1分30秒 ×3R (インターバル 40 秒)
競技結果 ■第9回 世界学生選手権大会(スペイン・バレンシア 5月16日~20日)
 日本代表者が決定しました。-3/9掲載

 男子フィン級   内村剣悟(韓国體育大)
 男子フライ級   藤原 尚(大東文化大)
 男子バンタム級  大谷主水(韓国啓明大)
 男子フェザー級  樋口清輝(韓国啓明大)
 男子ライト級   井上雅智(専修大)
 男子ミドル級   渡邉秋人(日本大)
 男子ヘビー級   佐藤洋輔(大東文化大)

 女子フィン級   高橋素美(大東文化大)
 女子フライ級   山路 藍(天理大)
 女子フェザー級  新山夏葵(大東文化大)

■各階級入賞者(3位迄)

・男子フィン級:
 優勝(内村剣悟・韓国體育大)、2位(見目怜士・大東文化大)、
 3位(大舘 敦・大阪大)、3位(栄田悠一・東京経済大)

・男子フライ級:
 優勝(藤原 尚・大東文化大)、2位(和泉圭裕・立命館大)、
 3位(吉田一也・大阪経法大)、3位(籠谷文彰・甲南大)

・男子バンダム級:
 優勝(丁 保升・大阪経法大)、2位(大谷主水・韓国啓明大)
 3位(田中淳也・大東文化大)、3位(重沢 学・青学大)

・男子フェザー級:
 優勝(樋口清輝・韓国啓明大)、2位(李 ミンホ・大阪経法大)、
 3位(金丸真也・大阪大)、3位(及川慎太郎・大東文化大)

・男子ライト級:
 優勝(李 泰成・大阪経法大)、2位(井上雅智・専修大)、
 3位(菅原恵介・日本大)、3位(山口和弘・大阪工大)

・男子ウエルター級:
 優勝(曽我部一行・成城大)、2位(姜 仁○・大阪経法大)、
                   (↑○=吉に吉という漢字です)
 3位(石倉誉己・同志社大)、3位(土屋孝博・大東文化大)

・男子ミドル:
 優勝(佐藤洋輔・大東文化大)、2位(渡邉秋人・日本大)、
 ヘビー級 3位(矢木智彦・同志社大)

・女子フィン級:
 優勝(高橋素美・大東文化大)、2位(小山智子・筑波大)、
 3位(奥野ちひろ・同志社大)、3位(神山愛理・琉球大)

・女子フライ級:
 優勝(山路 藍・天理大)、2位(松本慶子・活水女子大)、
 3位(町田千尋・大東文化大)、3位(市原未来・神田外大)

・女子バンダム級:
 優勝(伊津野 恵・大阪大)、2位(泊 恵梨子・大阪外大)、
 3位(古舘 静・明治大)、3位(坂野 緑・大東文化大)

・女子フェザー級:
 優勝(新山夏葵・大東文化大)、2位(小渕眞弓・大東文化大)、
 以上3位(谷本朱理・同志社大)、3位(片瀬麻衣・東海大)

《大学団体》 優勝  大東文化大学

       2位  大阪経済法科大学

       3位  大阪大学

公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公益財団法人 日本オリンピック委員会日本パラリンピック委員会日本スポーツ振興センターWTF 世界テコンドー連盟
ATU アジアテコンドー連盟
コンプライアンス相談窓口

リンク

日本財団 パラリンピックサポートセンター千葉県公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構私たちは toto 助成を受けています。JOC オリンピック選手強化寄付プログラム毎日アスリート・パートナーズ
PAGE TOP