第10回 全日本テコンドープムセ選手権大会 兼
第1回 全日本障がい者総合テコンドープムセ選手権大会 (6/18) 開催のお知らせ

この記事は2016年5月18日現在のものです。最新ニュースをご確認ください。

プムセ (型) 日本一を競う「第10回 全日本テコンドープムセ選手権大会(2016/滋賀)」を下記の要領で開催します。2016年度より、全日本障がい者総合テコンドープムセ選手権大会も兼ねて実施します。

大会名 第10回 全日本テコンドープムセ選手権大会 兼
第1回 全日本障がい者総合テコンドープムセ選手権大会
主催 一般社団法人 全日本テコンドー協会
主管 滋賀県テコンドー協会
日時 2016年6月18日 (土)
会場 滋賀県立武道館 (滋賀県大津市におの浜4-2-15)
種目 A. 男子個人
B. 女子個人
C. ペア(男女・同性)
D. 団体(男女・同性)(3名以上)
E・ 障がい者個人
※ペア・団体の参加に関しては県協会・道場単位でなくても可
試合形式及び時間

A. 1種目試演時間は90秒以内とする
B. 採点基準〈10点満点の減点方式〉
 正確性(4点満点)表現性(6点満点)
C. 予選・本選はカットオフ方式で行い、決勝ラウンドへ4名を選出する
D. 決勝ラウンドにおいては予選の順位が低い選手から行う
E. 有級部の予選・本選及び決勝戦の指定プムセ
F. 競技は男・女別、有級・有段別で実施する
G. 4名以下の階級はカットオフ方式で順位を決定する
H. 有段部の予選・本選は下記の規定プムセより審査員に指定された予選1種目・本選2種目を、決勝戦は2種目を演武する
I. 年齢は2016年1月1日~12月31日までの間に迎える満年齢とする
J. 申込状況に応じて合同級を設置、予選を省略して本選又は決勝のみとする場合がある
K. 試合進行を妨げる行為は失格とする
L. 団体/ペアは有段者部のみとする
M. セコンド制度(セコンドの有無は選手に選択させる)
N. ペア、団体は区分内プムセから自由選択、障がい者プムセに関してはプムセの指定なし

以上

関連情報

Share Button

カテゴリー

メディア情報

コンプライアンス相談窓口
PAGE TOP