第10回 全日本テコンドー選手権 西日本地区大会においてアンチ・ドーピング教育・啓発活動を実施しました

この記事は2016年10月9日現在のものです。最新ニュースをご確認ください。

JADA 制作の「プレイトゥルークイズ」

当協会と公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構が連携し、アンチ・ドーピング教育・啓発活動「アウトリーチプログラム」を西日本地区大会(野洲総合体育館)の会場ロビーで実施いたしました。70名のアスリートが「プレイトゥルークイズ」に参加してくれました。当日はリオ・オリンピック出場の濱田真由選手にお願いして、アンチ・ドーピングを実践することの大切さを語っていただきました。

次回は10月30日開催の第10回全日本テコンドー選手権 東日本地区大会(会場 岡崎中央総合公園総合体育館・第一錬成道場)で「アウトリーチプログラム」を実施します。

アスリートにとって必要不可欠なアンチ・ドーピングの知識を知る機会です。ぜひ競技の合間にブースへお越しください。

アウトリーチプログラムでは、簡単なアンチ・ドーピングのクイズにチャレンジしていただいた方に、PLAY TRUEグッズをお渡しいたします。ぜひご参加ください。

濱田真由選手を囲んで PLAY TRUE

クイズに挑戦する選手たち

Share Button

カテゴリー

メディア情報

コンプライアンス相談窓口

大会スケジュール

直近のイベントはありません。

topへ戻る